上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
お出かけや通院で忙しい日々を送っていました。
歳をとったせいか、回復が遅くて(画像の選別が面倒なだけだろう!)
内容が古いのですが、記事はその都度書いていました。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -     



2014年8月10日 日曜日 

予定では、北条鉄道に行くつもりでした。

しかし台風では、あきらめるしかありませんね。



いつも、夜中に台風が通過していくのに今回は、珍しく昼間に接近。

仕事がある日だったら、良かったのにね…なんてね。

この所の豪雨のため、各地で被害が出ています。

私がバイクツーリングで、よく走っていた高山方面や南木曽地区。

お見舞いを申し上げます。

水の事故や山での事故も多いですね。



私はと申しますと、友達とモーニングをする約束をしていました。

…が、起きた瞬間「無理だ」と判断。

朝6時にキャンセルの連絡をしたのでした。

台風が来る日にお茶するなんて…と思ったでしょ。



広島の土砂水害は、甚大な被害が出て・・・。

実は、今回被害が大きい広島の南安佐地区に音楽(吹奏楽)仲間が住んでいます。

彼は、たまたま18日から20日まで名古屋へ遊びに来ていて、会って食事をする約束を

していました。

しかし、18日に父が腹痛を訴えて入院したため、ドタキャン。



その翌日に広島に大雨が降り、あのような大災害が起こり、彼も早々に帰広したのでした。

幸いにも彼の自宅は流されることもなく、可愛い教え子たちも無事との連絡が入りホッと

したのですが、連日放送されるニュースを見ていると、心が痛んで仕方がありません。

行方不明の方が一刻も早く見つかる事、そして亡くなった方のご冥福をお祈りいたします。





ブログランキング・にほんブログ村へ




スポンサーサイト
2014.08.31 
お通夜に行ってきました。

20年間闘病してきた彼女のお母さんが亡くなったから。

ポロポロ涙を流しながら、最期の時のことを話す彼女の姿が自分と重なる。

突然、ワーと泣き出したい衝動にかられた。

今は私が泣くときじゃない。

我慢をしていたけれど、涙がポロリと出た。



気丈に挨拶をし、忙しく動き回る彼女の姿が自分と重なる。

近いうちに、私も…かな。



- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -




父の闘病中は、周囲の人には本当に色んな言葉で励ましてもらった。

それは、その人達の心からの気持ちだと思う。

でも、私の心には響かないのだ。



昔、知人が突然難病になった。

彼女は毎日、泣き暮らしていた。

私も当時、闘病中で手術を控えていた身。

自分が思いつく限りの言葉で励ました。

ある人が、彼女に「大変だね」と言ったら

「健康なあなたに、何が分かるの」

と言われて何て言ったらいいのか分からないと嘆いていた。

「何が分かるの?」…彼女の本心なのだろうが、周囲は困惑するばかりだ。



健康な人に、病気の辛さは想像することしかできない。

看病や介護の大変さも、想像することしかできない。

そりゃ経験をしていないんだから、分かるはずもない。

病気の重さもピンキリだし、看病や介護の大変さもそれぞれだし…。



愚痴を聞かされる方も、最初は「大変だね」と思っていてもそのうち、内心

鬱陶しくなるかもしれない(笑)



しんどい…しんどい…眠い…つらい…

私は次第に、そんな事ばかり言っている自分が嫌になってきた。

でも口から出る言葉は、そればかりなのだ。



どうしようもない状態の時に助けを求めたのが、同様に親の看病をしていた彼女だった。

忙しい身なのに、私とお茶をしてくれた。

アドバイスをしてくれた。愚痴を聞いてくれた。

全てを吐き出せた。



ツライんだよ~。眠いんだよ~。

気晴らしに一日くらい出かけたいけど、お茶を飲みに行く事でさえ、悪い事のように思っちゃうの。

お父さんのワガママに怒りが込み上げてくることがあるの。

「うんうん、一緒だよ」

一つ一つ私の心は救われていった。

ありがとう、ちーちゃん。




ちーちゃんのお母様のご冥福をお祈りいたします。




2014.05.21 
ご無沙汰しています!と言っても5日間ですけどね(笑)
本来なら御一人ずつ連絡したりして説明したいのですが、なんせ自分自身に
余裕がない。



たくさんの方からメールを頂いたり、連絡を頂きありがとうございました。
無視している訳じゃないですから ^^;
面倒くさいだけですから o(`ω´*)oオイッ!



元々プライベート垂れ流し状態の私のブログ。
何の説明もなく、お休みというのは皆さんに変に心配をかけるだけですよね。
なので、お休みをした理由を記しておきますね。



実は、12日の水曜日の朝のこと。
父が救急車で運ばれました。



私のブログを長く読んでくださっている方は、よくご存じだと思いますが
珍しい事ではありません(笑)
詳しい病名や病状は、また機会があれば書きたいと思いますが、今回はスルー
させてくださいね。



意識障害を起こしていて病気の影響で暴れるため、毎日交代で2人付き添いを
しています。
もちろん夜は眠れません。
体位を変えて、父の足の位置を直して、布団をかけなおして、枕の位置を直して、
点滴の管の位置を直して、お腹から出ている管の位置を直す。
これが一日中続くのです。



少し意識が回復した金曜日に油断したせいでしょうか…
土曜日の朝、危篤状態に陥りました。
比較的早く意識は回復したのですが、病状は一進一退なのです。



現在、半分意識がボケていて半分正常です。
そのため面白いエピソードが満載です。

なんと父の中で私は、20歳 ( ´艸`)
(実際は、その倍以上なのに!)

ある時は、私の事を小さな子供のように扱います。



お茶を飲んでいると
「気を付けて飲みなさいよ」

トイレに行ってくると言うと
「転ばないように歩きなさいよ」



看病は大変ですが、父親の深い愛情を改めて感じる幸せな時間でもあります。
自他ともに認めるファザコンの私。
普段は私に甘える事はありませんが、病気の時だけは私を側に置きたがる父。
どうしようもない親子ですねぇ(´~`ヾ)



私の息子も看病を手伝ってくれています。
今は、この状態を妹家族と共に力を合わせて乗り越えようと頑張っています。
良いお知らせと共に復活したいですねぇ。



それでは、また




ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中です。
励ましの一押しをお願いします!!( ^ω^)σ




2014.02.17 
ブログネタが、今日もありません。
会社の愚痴ネタなら山ほどあります(笑)



ニワトリ

にわとりのイラストがどど~んとトップにあるけど何?と思われました?





実は私…一時期、鶏肉が全く食べられない時期がありました。

その悲しくもツライ過去を告白します。





小学5年生の夏祭りのこと。

同級生と出かけた私は、出店で可愛く鳴いている黄色くてフワフワのひよこが

どうしても欲しくて仕方がありませんでした。





雌 100円、雄 50円。

少ないおこづかいの中から私達は全員、雄を買って帰宅。





飼い方など知らないので、友達のひよこは皆、死んでしまいました。

しかし我が家は、祖母が白熱電灯で温めて育てることなどを教えてくれ

一緒に面倒をみてくれたおかげで、ひよこは大きくなり、鶏冠が生え、

可愛かったその姿はどんどんリアルになってきました。





そのうち薄暗い早朝「コケコッコー」と鳴くように。





ある日、学校から帰って鳥小屋を見てみると…いない…

「にわとりってどこへ行ったの?」

「ん?テーブルの上」





もうお気づきになったことでしょう。

我が家の夕飯となってテーブルの上に置かれていたのです。

チキン

それから私は社会人になるまで、鶏肉が食べられませんでした。





ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中です。 今は、焼き鳥が大好きです♪
励ましの一押しをお願いします!!( ^ω^)σ




2014.01.30 
週末、父の親友のお通夜に参列してきました。

叔父さんは、元々仕事仲間の方ですがプライベートも仲良くしていて、

父が元気な頃は3ヶ月に一度のペースで、北は北海道~南は九州、沖縄へ

両夫婦で旅行三昧をしていました。
(私なんて北海道へ一度も行ったことがないのにぃ!!)

亡くなる2日前も電話で話しをしたそうです。



叔父さんも父も血液型はO型。

とにかく頑固!!

私が演奏会で遅くなり、午前様になってしまったときに自宅へ帰ると、

ローンを組んでやっと買った

松岡のクラシックギターが見るも無残…木っ端微塵になっていたことがあります。

「娘を殴る訳にはいかないから、アイツの一番大切な物を持って来い!」

クラシックギターは、父の手でたんすに打ち付けられたのでした。



そんな話を叔父さんにしたとき

「俺も、娘が遅くなった時、車をバットでボッコボコにしたぞ!」

「…でその後、娘さんの車はどうしたの?」

「まぁ、買い換えたけどな(爆)」

似た者同士というか…何と言うか…(笑)

私の場合、ギターは買ってもらえませんでしたけどね。



お通夜の会場で、久しぶりに公の場所へ姿を見せた父に参列者が

ザワザワしていました(大袈裟か!)

お焼香時、立ちくらみを起こし、戻ってきた時には顔色が真っ青だったので

心配しましたが、昔の仕事仲間が父を囲み、話が弾んでいた様なので

私たちは少し離れた場所から見守っていました。

束の間だったけれど、父の現役時代の表情を垣間見ることが出来て、

無理をしても伺って良かった。



最後に子供さんたちへ声をかけにいくと、娘さんが父の顔を見るなり

「ワーッ」と泣き出してしまい…

その姿が自分とだぶってしまう。



しばらく話し込んでいて…

その言葉に子供さんたちは、何度も頷いていました。



今年は蛙太郎先生と、叔父さんと…

大切な人を続けて喪ってしまいました。



ブログランキング・にほんブログ村へ
ランキング参加中です。
励ましの一押しをお願いします!!( ^ω^)σ


2013.12.17 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。