上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
長い夏休みが明けても、同僚が出勤しません。

なんと「おたふくかぜ」にかかったようです。

5日目にやっと出勤したのですが、子供の頃にかかる特有の病気って

大人になってからかかると、滅茶苦茶ツライです。

同僚も言っていましたが

「新型インフルエンザよりツラかった。」




私も30代の前半、長男からおたふくかぜをうつされました。

耳の後ろが痛いな~と思っていたら、みるみる腫れてきて

高熱と痛みが半端じゃなくなってきました。

でも私の記憶が確かならば、小学1年生の春にやったような

気がするのだけど…

親に確認すると

「もうやったよね(笑)」

と言って笑ってる。




39度以上も熱が出て、フラフラの状態で病院へ行くと私の顔を見るなり

先生が大爆笑。

「いやぁ~見事に腫れたねぇ(爆)」

「先生…もうツラくて…苦しくて…」

「隣の部屋にベットがあるから、呼ばれるまでそこで寝てなさい。」

先生!まだ口元が笑ってますよ。

「昔はね、ちゃんと検査をしなかったから耳下腺炎とおたふくかぜを
間違えちゃったのかもしれないね。今は、尿検査をすればすぐに分かる
から。」


だそうです。



自宅に戻ってからがさらに地獄で…

特に薬は出されなく、熱と痛みを取る「頓服」だけです。

寝ていて、頭をちょっと上げるだけで激痛です。

ずーっと唸って泣いていました。

30歳過ぎてから病気で泣くなんて…情けなかったのですが、それほど

痛くて苦しかったのです。

頓服が飲める6時間後だけが唯一の楽しみでした。



おまけに両親は、翌日から旅行に行くというのです。

「どうする?行かないほうがいい?」

と聞いてくる母親。

前日に、旅行を取りやめて欲しいなんて言えるはずもなく

心の中で泣きながら送り出しました。




肝心要の旦那は

「俺と子供達のご飯は作って食べたから」

『えぇ~私のご飯は!?』

おまけに台所は、汚し放題やりっぱなしだし

情けなくて、泣きながら食器を洗った事を思い出しましたよ。




私は開腹手術を3回、受けていますが…

つい2年前の手術の事を思い出してみても、絶対おたふくかぜの方が

大変だったと声を大にして言えます。



男性は大人になってから、おたふくかぜになると子供が出来なくなる

という話をよく聞きますが、女性の場合「卵巣」にダメージがくる

のだそうです。

卵巣に気を付けてね…

1ヶ月くらいは無理をしちゃいけないよ…

と言われましたが、小さい子供が2人もいるのに無理をするな

というのが無理な話ですよね。



ちなみに次男は、この時、うつりませんでした。

15歳になった今でも、まだおたふくをやっていません。

予防接種を受けたほうがいいのかな?



にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
  ↑
男性の方々!奥様や家族が寝込まれたら手伝ってあげてね

2010.08.30 
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。