上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
この類の本を何冊買っただろう。


ライディング本


本やビデオ、DVDを見ないよりは見たほうがイイに決まってる。

でもちっとも上手くならない。



週末バイク屋さんで見た鈴鹿サーキット走行会。

初級、中級、上級と分かれていて

私 「初級なら私でも参加出来るでしょ」

おっさん「やめときなさい。あなたには走れないから。」

お店のスタッフの方 「…。」

「去年までは、市内をパレードするというのがあったけれど
今年からは無くなってしまったんですよね。」



噛み砕いて言うと、パレードなら大丈夫だけど
サーキット走行は、さちさんには無理ですよ
って言ってるんですよね<鈴木さん!!


(あ…実名を出してしまいました)



以前から言っているけど、ライディングスクールに行ってみたい。

けれど「初級」というのが曲者なのよ。

どのレベルが初級だって言うの?

初級なのに、かなりのレベルの人が混じっていて心が折れて帰って

きたという話もチラホラ聞くし…。



話は戻りますが、買った本を読みながら

「ふーんコーナリングは、高いギアで低い回転数で走った方がいいんだ。」

「高いギアとか低い回転数って、どれくらいか分かってるの?
自分の考えているのと違う場合があるから、本を鵜呑みにすると
危険だぞ。」



それからはリアタイヤが滑った時の対処法や、ブレーキングについて

熱く語るおっさんライダー。

そして

「ソロツーも出来たことだし、ブレーキングの練習をしよう。

Wじゃ危ないから、AXISに乗って砂利場で練習だ。

砂利の所でコントロール出来れば、怖いもの無し。

限界点を知っていたほうがいい。」



確かに上手くなりたいです。

でも、砂利ですかっ!!

アスファルトじゃダメなんすか。

ヘッポコライダーの限界点は、低いですよぉ





にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
  ↑           ↑
ランキングにエントリーしています
押してくれると嬉しいです

2010.10.27 
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。