上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
私が子供の頃、女の子の遊びというと、リカちゃん人形が
全盛期でした。
私も親に買ってもらった、リカちゃん人形とリカちゃんハウスを
持って、近所の友達とよく遊んだものです。

小学生になり、新しい友達が出来てからの遊びは、今までと
180度変わりました。

「ウルトラマンごっこ」と「ザリガニ釣り」(笑)

その頃、オルガン教室に通わせる親が多く、私も右にならえと
ばかりに習わされていました。
更に両親は何を思ったのか、お琴まで(爆)

ウルトラマンごっこで泥だらけになり、ザリガニ釣りで生臭い
手のままで教室へ入ると、先生は眉間にシワをよせて

「教室へ入る前に手を洗ってきてください。_s(・`ヘ´・;)ゞ..」
と毎回言われている子でした。



前振りが長くなりましたが・・・
7/2、7/4、7/5の3日間、スカパーで
「冬木透 CONDUCTS ウルトラセブン」
が無料放送されていました。
ウルトラマンシリーズの中でも最大の人気を誇り、その楽曲も
印象が強い「ウルトラセブン」。
そのセブンの音楽を創った男、冬木透が初めて160名以上による
フルオーケストラ(東京交響楽団)を前に指揮をされていました。

ウルトラセブン



「ウルトラセブンの歌」
ファンファーレのような重厚感のある前奏。
そして輪唱のように「セブン~セブン~セブン~セブン」と
音が重なっていく。

「セブン!セブン!セブン!」の後は、ゾウの叫び声もしくは
雄叫びのように轟くホルンのあの音はインパクトがありました
よね(笑)

あれは、グリッサンド奏法と言い、一音一音を区切ることなく、
隙間なく滑らせるように流れるように音高を上げ下げする
演奏技法です。

何気なく聞いていた幼い頃…それもまだ物心が付く前です。
大人になった今、改めて聞いて、心が震えました。



私は、学生時代吹奏楽部でトランペットを吹いていまして、
何かの催し時に「ウルトラマンメドレー」(ミュージックエイト)を
演奏しました。
いつも主旋律のバックでリズムを刻んでいるか、副旋律を
演奏しているホルン奏者の子がここぞとばかりに、例の
グリッサンドをベルアップさせて演奏していました(笑)

劇中に流れている多数の懐かしい音楽を聴いていうちに
レンタルDVDを借りてこようかと思いました。

『帰ってきたウルトラマン』、『ウルトラマンA』、『ウルトラマンタロウ』
『ウルトラマンレオ』でウルトラマンシリーズは卒業しました。


にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
  ↑モロボシ・ダンも出演していましたよ♪

2009.07.08 
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。