上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
7月11日 土曜日 晴れ


週間天気予報では、週末のお天気は雨続きだったのに
金曜日になると、お天気が快方に向かうというパターンが
続いていますねヾ(@⌒▽⌒@)ノ


おっさんライダーはISOの講習会なので、今日も一人で
走ることにします。
3週に渡ってのソロツーですが、親戚の叔父さんから
こってり叱られました。
・・・が懲りずに走りに出かけます(笑)
何かあったら、ダイナさんが軽トラで迎えに来てくれる
そうなので!!(爆)





目的地は、岐阜県中津川市の「不動滝」です。
2年前、ZeaLで行った事があったので道は何となく覚えています。
マイナスイオンをいっぱい浴びてこよう♪


行きは19号線をひたすら真っ直ぐ。
春日井市でガソリンを入れていると・・・
「それって何ccのバイク?」と話しかけられました。
そこでしばし雑談(笑)
いかん・・・こんな所で余計な時間を使ってしまったΣ(|||▽||| )


2時間近く走ったコンビニで休憩をしていると・・・
「どこかツーリングに行くの?」と話しかけられました。
その方は付知峡に以前、住んでいたそうです。
マップルを開いて、しばし雑談。
だめじゃん・・・ここでも余計な時間を使ってるΣ(|||▽||| )


お昼ご飯を食べる場所を決めていたので、そこへ11時には
着きたい!!
その先はノンストップで走りますが・・・
ふと「257号線」の標識が目に入り、前の車に付いていって
右折してしまいました。
「阿木川ダム」の文字にひかれてしまい、そのまま岩村まで
走っていってしまいました。
「豊田市」の看板を見て、我に返る私。
何やってるんだろう・・・全然違う方へ走ってる○| ̄|_
約20kmのロスじゃない(泣)


有料道路を避けて別の道を行こうと思っていましたが
そのままストレートに行く事にしました。

城山大橋1

257号線 中津川道路にある「城山大橋」です。
20円払いました。

城山大橋2

予定では、向こうに見える赤い橋「美恵橋」を渡るつもりでした。


12時15分。
ランチ時間内に到着 C=(^◇^ ;

青空屋

「青空屋」
中津川市付知町稲荷8519-4

2年前に寄った時に気に入って、ランチを食べる事に決めていました。
昭和初期の民家をオーナーが自ら設計し、お店にしたそうです。

ランチ

このボリュームで 700円。
すみません・・・ケチャップを見た瞬間、お腹がいっぱいになってしまい
残してしまいました <(_ _)>


付知峡口を右折し、486号線を道なりに走ると緩やかなワインディングと
絶景です。
不動滝の看板通り、走っていくと

入り口

こんな入り口です。
遊歩道コース40分・・・大丈夫かな?歩けるかな?
でもお昼ご飯を消化させないと・・・胃が重いし・・・

連日の雨で、道がぬかるんでいます。
薄暗いし・・・人が誰もいないし・・・怖いよぉ。


観音滝

目の前に「観音滝」


不動滝

メインの「不動滝」

滝自体の落差は、それほどでもありませんが
滝を見下ろす所の真後ろに不動明王が奉られており、
こんなお話があります。

--不動峡不動滝伝説--
保元・平治の乱の頃、この辺りには都を逃れた落ち武者が40戸あまりの集落をなして隠れ住んでいたといいます。
この集落にあった菩提寺の住職、智証和尚は74歳の時、寺の財産目当ての農民に暗殺されてしまいました。
このとき、付知峡に投げ捨てられた和尚の屍は、不思議なことにまるで生き物のように川を遡り、不動滝に流れ着いた袈裟が滝壷でいつまでも渦を巻いていたと伝えられています。
和尚の供養のため村人たちにによって建てられた不動明王には、今も参拝者が絶えません。

{{{{(+_+)}}}} 先を急ぎましょうか・・・


1つめの吊橋を渡ってしばらく歩くと

仙樽滝

「仙樽の滝」

滝のそばまで行く事が出来ますが、足場の悪い岩場と落石注意の
看板の横を通らなければいけません。
人が誰もいなくて、一瞬躊躇しましたが男らしく(?)岩場を飛び跳ねて
滝の近くまで行きましたよ。
それを遠巻きに見ていた人達も、ぞろぞろ後を付いてきてました(笑)


しかし、こんな所へ来るのはカップルか夫婦。
足場の悪い所は、手を貸してもらっています。
「ちぇっ!こんな場所へサンダルで来るもんじゃないよ( ̄‥ ̄)=3 ふん」
な~んてヒガミ根性丸だしの私です。

一人で来ているのは私だけだし・・・

しばらく撮影をしていると、ヘルメットを持ったライダーさんが一人。
彼も私を不憫に思ったのか、しばらくお話をしましたよ。
名古屋から走ってみえたそうです(爆)
ライダー同士って匂いで分かるのかしらねぇ( ̄m ̄〃)
『格好見りゃ分かるだろう・・・(影の声)』

吊橋

最後は、この吊橋を渡って出口に向かいます。

2年前に来た時は、観光バスも来ていてすごい人出でした。
今日は、人が少なくて寂しかったわ。
のんびりできたけど・・・。


帰り道は256号線を走り、道の駅「茶の里東白川」へ寄り
抹茶ソフトクリームを食べました!!
と書きたい所ですが、お昼のランチがしっかり胃に残って
いて食べられませんでしたΣ(T▽T;)


国道62号線 白川街道を茶畑と川を見ながら走りました。
すると、突然私の横に知らないおじさんライダーが並び
「オイル交換ってどれくらいでしてる?」
と聞いてくるのです。
いやぁ~驚きましたねw( ̄o ̄)w


41号線に出てからは、飛騨川沿いに走ります。
美濃加茂までは、本当に気持ちが良かったです。

だんだん街中に入り、気温が上昇すると共に自宅も間近。
今回も何事もなく、無事に帰宅しました。



走行距離 230km

にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
  ↑最後まで読んでくださって、ありがとうございます♪


2009.07.12 
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。