上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
11月13日 日曜日 

(更新が一週間も遅れています)

紅葉の撮影に行こうと瀬戸から多治見へドライブへ行くことになりました

「コボさんがブログで紅葉の写真をアップしていないから、
多治見はまだ紅葉していないって」


隣でブツブツ言っているのに、自分の目で確認しないと信じられないみたいです。



にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
  ↑           ↑
ランキング参加中です。
さちです…体力の衰えを痛感しました。
ポチッと押してくれると嬉しいです♪







やっぱり標高の高い所でも、まだ葉の色が変わっていない。


お 「じゃ、小牧の公園でも行こうか」

さ 「どうして多治見まで来て、小牧に戻るかなぁ?もう鬼岩公園へ行けばいいじゃん」



『鬼岩公園へ行けばいいじゃん』

この不用意に発した言葉で、私は後に地獄を見るのでした。



21号線のレトロな雰囲気がプンプンする駐車場から、歩道橋を渡って・・・

1.国定公園



これ・・・子供が怖がるんじゃないの?

こんなにリアルにする必要があったのかな?

鬼のモニュメント。

2.鬼岩公園



途中に、お店や温泉宿があるけれど寂れた感じが・・・

3.鬼



鬼岩弁天夫婦滝

4.鬼岩弁天夫婦滝

滝・・・うーん・・・滝ねぇ。



5.石碑

“恐ろしや次月の里の鬼すすき”の古句

これから先の道のりが恐ろしや~です。



なんでも、鬼岩公園には4つのコースがあるそうですが、至る所が通行止めに

なっていて、渓谷コースしか歩けないようです。



6.紅葉

ちらほらと紅葉しているので、NEXで撮影しながら歩き出しました。

しか~し!!道がだんだん険しくなります。

足元はぬかるんでいるし、大きな岩や急な登りが増えてきました。

その時の私はというと、踵が2cmほどある皮の靴。そして腕にかけるタイプの

バック&右肩にはデジイチという姿。



もう撮影する気持ちなど、どこかへ飛んでいってしまいひたすらおっさんライダーに

置いていかれないように歩くだけ。

最終的には、デジイチをバックの中へ入れておっさんライダーに持ってもらいました。



7.紅葉




大きな平たい岩があり、視界が広がっている感じがしたので喜び勇んで

登ってみたら、いまいちの景色。

8.見晴台



空が、どんよりしちゃっている最悪なパターンかも。

9.紅葉



小さな子供だって歩いているんだから、私も負けずに最終地点の「松野湖」まで

来ましたよ。

10.松の湖

11.松の湖

誰も居ません…私達の貸切です。

昔はボートが乗れたそうですね。

ここで、唯一ゆっくりと写真を撮りましたがもう少し青い空であれば。



12.山の上

湖と反対側。

今、登ってきた道です。



あっ…紅葉している木を見つけました。

13.紅葉

14.紅葉

15.紅葉

16.落ち葉


帰り道は、今来た道を戻るしかないようです。

下りだから楽だと思っていたのは大間違い。

岩と岩が高い段差なので、だんだん膝が痛くなってきます。



あまりにも人がいないので

「ヤッホー」と大きな声で叫ぶと

渋い顔をするおっさんライダー。




手を貸してもらって、大きな岩へ飛び移りそこから下の岩へジャーンプ!!

しようと思ったら

おっさん 「そんな所から飛び降りたら、岩が砕けるぞ!!」

私 「ヾ(@>▽<@)ノぶぁっはははっははは♪面白い事を言ってくれるね




大変な場所が過ぎた所で、若いカップルがいまして

男性 「もうこんな所でダメなの?」

女性は木の棒を支えにして、うな垂れています。

私 「この先は、もっと険しい道になるのでやめたほうがいいかもしれないですよ。
    ヒールのある靴は大変ですよ。」


とブーツを履いていた女性に話しかけました。

お気の毒ですがカップルは、私達と一緒に戻る羽目になりましたとさ。



おっさん 「いい運動をしたなぁ」

私    「もう二度目はナイよね(笑)」



ここで大事なのは、ちゃんとした靴を履いていくことでっす。



翌日、軽く筋肉痛になりました。

筋肉痛より膝の痛みの方が強かったです


2011.11.22 
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。