上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
あっという間に9連休が終わってしまいました。
だらだら過ごしていなかったせいか(遊び過ぎと言う人もいますが)すっきりと朝を迎え
元気に出社しましたよ。
ただ…休み後の仕事をメモしていたにもかかわらず、仕事の効率がイマイチでした(笑)

さぁ!6月は旅行だどぉ!!



--------------------     




国道19号線を走っていると「上山町2」という交差点の所に「修道院」という看板が出ている。

そこを曲がると、多治見修道院が目の前に現れます。

11修道院

多治見の神言修道院は、1930年(昭和5年)カトリック神言修道会(神言会)
宣教師モール神父によって、修道生活と邦人会員の養成を目的に、
日本管区の中央修道院として設立され、神言会が設立した南山学園における
教育活動の拡張に伴い、宣教活動の拠点は名古屋に移されました。



ほほぉ~それで南山大学や聖霊高校のバスが停まっているのね。

この多治見修道院は「日本三大修道院」の一つだとと言われています。



マメマメ知識(日本三大修道院)
聖ベネディクト女子修道会 札幌修道院(北海道)、フランシスコ会 長崎修道院(長崎)



その存在は、知っていたのだけれど一人で入る度胸はない。

そこで女友達と二人で行ってきました。

修道院の建物は、地上三階、地下一階の白い壁と赤い屋根の美しいバロック木造建築。




12聖母子

入口左手側に、聖母子像がありました。

皆さん、記念写真を撮っていたので私も一枚。

光りの加減なのか・・・写真の下部の色が変わっています

おっさんライダー、一言

「気にしないことだ!!」





にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
  ↑           ↑
ランキング参加中です。
さちです…撮らない方が良かったのかな






大聖堂の横に「ルルドへの小径」という何の変哲もない、石畳があります。

裏庭に出ると、木々の中に小山のような物が見えます。

以前、主税町カトリック教会にも同様のマリア様を拝見しました。

13ルルドのマリア

『ルルドの洞窟のマリア象』

この洞窟はそのルルドの洞窟を真似て作られており、ここでマリア様のお取次ぎを願って

祈りが神に聞き届けられるように祈るのだそうです。



14ぶどう畑

建坪1千坪、ぶどう畑は3千坪総面積1万8千坪。



15教会

月曜定休で、大聖堂に入れるのは、9時から4時まで。 

日曜日の午前中は、ミサなのかな?



16教会


当日は、大安でお日柄がよく…カトリックも大安って関係あるのかしらね(笑)

午後から結婚式でした

「40分ほどで終わるのでその後だったら大聖堂の見学が出来ますよ。」

と教えてくださったので、大聖堂を入ってすぐの売店をウロウロ。

すると、パイプオルガンと賛美歌が聴こえてくるではないですか。

なんだか・・・心が落ち着きます。



17馬車

パカパカパカ・・・蹄のリズミカルな音が聞こえてきました。



18パントくん

パントくんという名前だそうです。

身体を触らせてもらったら、汗でビッチョリ

とても大人しく、優しい瞳のパントくんでした。





そうこうしていると、大聖堂の前が賑やかに・・・

19ブーケトス

新婦さんのブーケトスの瞬間

最高に幸せな瞬間でしょうね。

新婦さんの笑顔が、とても素敵です。



20花嫁

ベールがとてもキレイだったので、後姿を撮りたかったのですが・・・

教会の結婚式は、幾つになっても憧れます

この後、礼拝堂の見学をさせていただきました。

一歩入ると、神聖な神聖な雰囲気が広がります。

ステンドグラスから差し込む美しい光。

キリストの生涯を描いた壁画などを見てきました。








修道院の近く、およそ2.5km離れた場所には「虎渓山永保寺」があります。

こちらも多治見市定番の観光スポットとなっているので寄ってきました。

25観音像

虎渓公園の園内には、戦没者慰霊のため観音像が建立されていました。

撮影真っ最中、観音像の前にワンボックスカーが停車!!

「ありえないでしょ~」



公園の中には藤棚があったのですが、まだ早いみたいですね。

26藤棚



27蜂

妙に親しみを感じるボディーをした蜂です(笑)

自然が多いのか、花が多いせいなのか、とにかく蜂が多い!!





古虎渓公園側から、永保寺に至る道があったのでここから散策してみることに。

28永保寺

急な下り坂で再び膝を痛めないように、慎重に歩く熟女二人。

帰りは、これを登っていくのよねぇ。



虎渓の名称は景色が中国廬山の虎渓に似ていることによるといわれています。

池を前に国宝の六角堂がひっそり佇んでいるのが見えてきました。

29六角堂

六角堂の千体地蔵

梵音岩の上に建てられた六角堂内には、千体近くのお地蔵様が祀られています。

これらのお地蔵様は、願を掛ける時に一体を借り、成就した際は一体を添えて返した

ことにより増えたそうです。



夢窓疎石作庭といわれる名勝永保寺庭園は、浄土庭園の趣を強くもつ風雅な庭であり
その中心の池には,岩肌の高みから数条の滝が音をたてて落ち込んでいる。
その池は,遠い天空から眺めると「心」という字に読めるという。



「心」という字に見えますか?

私には、見えませんけど。



30

池の中程の太鼓橋がありますが、以前来た時は渡ったような…

今は通行禁止になっていました。

反り返った屋根の優雅な姿をした観音堂には、覆いがされていて工事中のようでした。



31

ご存知の方も多いと思いますが、2003年夏の火災で、本堂、庫裏等が全焼し再建中でした。

幸いにも国宝の2棟は難を免れたそうです。

6月には完成するそうですよ。



32銀杏

市の指定文化財になっている大銀杏 樹齢600年!!



33銀杏



びんづる様

35びんずるさま

身体の悪いところと同じ箇所をなでると治ると信じられており、「なで仏」として信仰されて

いるそうです。

ラーメンを食べてお腹が痛い熟女二人は、胃と腸を撫でてきました。

しまった!「顔」と「頭」を忘れた!!



36

日曜日だというのに、私達二人の貸切状態でした。



37

次は秋…紅葉の季節だわっ



17時には閉山って書いてある!!

ぜぃぜぃ息を切らして、急いで戻る二人なのでした



やっぱり女二人旅は最高

今度は、泊りで行きたいわね



2012.05.07 
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。