上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
12月20日 



救急1

救急車を追って、車を走らせています。



踏切待ちをしていたので、思わず撮ってしまいました(笑)
(今だから笑って話せますけど)

ブロガーの性ってやつでしょうか。

我ながら呆れ返りますねぇ。









救急2

今日も、救急待合室で長い夜を過ごすことになりそうです。



実は19日の夜にも、夜間救急にお世話になりました。

大変ですが、こんな生活に慣れてきている自分が恐ろしい(笑)



ブログを放置しようと思いましたが、おかげさまで比較的回復が早く状態も良いのと

今年も残り少なくなってきているので、溜まっている写真をアップしたいと思いまして

ひたすら更新のみ続けていきます。

ただ申し訳ないのですが、コメレスと訪問には伺えません。

まだまだ入院と付き添いが続きそうなので・・・ごめんなさいね。




今回の入院前後と入院中、担当医や他の医師、看護師長、看護師とバトルを繰り広げて

きました。(マタですかっ!!)



やはり自分の命、家族の命を守るために、全て医師任せではいけません。

主治医の言うがままにしていたら、きっと父は命を落としていたか重症化していたでしょう。

過剰な知識は必要ないと思いますが、少しの知識と勉強が必要かも。

もちろん病棟の医師や看護師の方々のおかげで、最悪の状態から抜け出せたのですが。



このブログを読んでいる方に少しだけアドバイスです。

※医師の言葉を簡単にメモしてください。

「腸」と言われても大腸、小腸、S字結腸など色々あります。

私は、電子カルテや手書きのカルテを迷惑にならない程度に覗きこみます。
(実は、医師の背後から覗き込んでいます。英語やドイツ語もね)

比較的患者や家族に見やすいようにしてくれていますけど…

それと記憶は、時間と共にあいまいになりますから。



※聞きたい事や医師に伝えたい事、症状は、必ずメモを
用意してから医師と対面すると良いでしょう。


医師を目の前にすると、焦って言い忘れる事が多いのです。

自宅で落ち着いてメモを作成し、医師には完結に伝える事が大切です。


※可能であれば、複数人で医師の説明を聞くのが良いでしょう。

物事の受け取り方が違うと、トラブルや医師との関係が悪化します。

事情が許されるのなら、複数の人間で聞く方が安心で安全です。



本当なら、こんな事がありました…あんな事がありましたって書きたい所ですが、

色々マズイ事があるので(ありすぎるでしょ)やめておきます。

いつか小出しに書くかもしれません(笑)



年老いた親と同居、闘病中の方、闘病中の家族が見える方・・・

他にアドバイスなどがありましたが、教えてください。

是非、参考にさせて頂きたいと思います。



またまた直太朗くんの歌で、心を癒してもらいました。

再び、エンドレス直ちゃんに突入です。゚ ((゚^艸^゚))゚。



2012.12.23 
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。