上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
2月16日 土曜日 晴れ

先月より1時間早い電車に乗り、再び天竜浜名湖鉄道へ行きます。

0216-1


0216-2



今回は、浜名湖佐久米で降りてみます。

0216-5



ユリカモメと天浜線のコラボも、もう終わりに近づいてきましたね。

先月に比べると、鳥が少ないように感じます。

0216-3

パンの耳で餌付けをしている真っ最中。

電車が来ているのに、線路に降りて撮影をしている方がいて驚きましたわ。



0216-4

ユリカモメと鴨が一斉に食事をとる所を撮影できる唯一の場所という所です。



この駅に併設している喫茶「かとれあ」へ入って次の電車まで1時間ほど時間をつぶします。

なんとサイフォンでコーヒーを入れてくれるんですよ。

0216-6

ブレンド350円 アメリカン380円



0216-8

今回、何十枚もユリカモメを撮ったのですが…

ヘタッピーなのに「絞り優先」のままだったせいか、ほぼピンボケでした。

このショットはNikonさんの技術力のおかげです。



0216-7

まともな写真が皆無という状態で、パソコンの前でボー然としてしまいました。

これじゃ、ストレス解消というよりもストレスが溜まりまくりですよ。



0216-14

この力一杯、餌を投げている子供さんの後ろ姿がなんとなく気に入ったので

載せてみました。(後ろ姿だったら肖像権は大丈夫ですよね)



再び電車に乗り、金指で昼食のため下車。

0216-12

昭和13年に建設されたプラットホームは、有形文化財に登録されています。

このいい感じにプラスアルファをして何とか…どうにか撮ってみたいのですが…



金指には蒸気機関車時代の水源、高架水槽があります。

0216-11

これも有形文化財なんですと。



0216-16

子供の頃によく見た、発券所です。

懐かしいなぁ。



0216-9

車内で見かけた親子。

プラレールのおもちゃを左手に握りしめている姿が愛らしい。



『天竜二俣』に到着。

この駅には、転車台の見学コースがなんと100円なのです。

(乗車していなくても200円で見学ができます)

te-8

40分くらいなので、強くお薦めしますです。



線路を横切り、構内に入っていくとそこは70年前の世界です。

ここにも蒸気機関車の給水塔があったのですが、現在は電車の洗車用の井戸水が入っているそうです。

te-1



木造の建物の間を歩いていると、タイムスリップしたような気分になりますね。

ここは昔のお風呂場。

te-2

電車の先端に付ける物が、たくさん置いてありました。



te-3

そして、昔の運賃表。



te-4

なんとこの車庫は70年前、蒸気機関車時代の扇形車庫。



te-5

車庫の前に転車台。

今は電動ですが、昔は人力で動かしていたそうですよ。

te-13


te-11


te-10

実際に電車を移動させてくれました。



「鉄道歴史館」に入ると、当時の物が所狭しと置いてあります。

te-17

te-16

te-14

自動信号機でない時代に使用していた「タブレット」(フックにぶらさがっている3つ)

このタブレットを列車同士が交換して「一区間一列車」を確保して単線だけど列車が

ぶつからないように工夫をしていたそうです。



te-15

説明をしてくださった女性が、気さくでほのぼのとした雰囲気の方で…

この方と世間話をするのも楽しいかも。





・・・おまけ・・・

te-6

「乗ると95%コケル」

100%じゃなくて95%って所が面白い。



te-7

「毒ヘビ注意」

蛇がでるのでしょうか(笑)



私たちはここから、新所原駅まで戻っていきます。

戻っていったと思うでしょ。何もなく終わるはずは無いのですよ。

また後日。。。



にほんブログ村 写真ブログ 初心者カメラマンへ
ランキング参加中です。  オリジナルバナーを作ってみました(*^ω^*)ノ*:..     
更新、頑張ってまっす。管理人に励ましの一押しをっ!!


2013.03.03 
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。