上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
北勢線の撮影後は、桑名市の多度大社へ寄りました。

多度大社は「北伊勢大神宮」と称され、昔から

「お伊勢参らばお多度もかけよお多度かけねば片参り」

と謡われていた神社です。

0501-3



子供たちが小さい頃は、マイカル桑名までよく出かけたものです。

暗くなった帰り道にふと視線をやると多度大社の鳥居がライトアップされ、

とても幻想的で感動したものです。

(o ̄∀ ̄)ノ“ぁぃ私は神社に惹かれる女です。



毎年5月4日、5日の多度祭に行われる「上げ馬神事」があるので、周辺は準備で賑わって

います。

0501-4



上げ馬神事は、700年以上前の江戸時代から現在へと受け継がれてきた大祭で

人馬一体となり高さ2m余りの急な土壁を一気に駆け上がれるかどうかで、

かつての農家では豊凶が占われたそうです。

0501-1

今ではその年の景気を占ったりするのだそうですが、今年は12頭のうち2頭が

成功しましたね。

 

多度大社といえば白馬伝説。

0501-7

神馬舎の中で神様に仕えている白い神馬『錦山(きんざん)』です。

いつもは人参をあげる事が出来るのですが、さすがに大祭の前ということで

片付けられていました。

0501-5



参道を上って行き、本宮と別宮を参拝し、於葺門の手前の朱塗りの御社殿に寄りました。

美御前社という美しい姫神をお祀りしており

女性の守護神女性一代の悩み事一切をお引き受けくださる神様で、心持が前向きとなり、

体調も良くなり、肌もきれいになり、心身ともに大変美しくなるといわれているそうです。


これは絶対参拝しないと!!☆-ω・)b



信仰としては、耳・口・鼻の諸病や婦人の帯下の病の治癒にまた、良縁、子授け、安産に

御霊験があらたかだそうです。


良縁、子授け、安産は置いといて(笑)

アレルギー性鼻炎がひどく、婦人病の通院歴7年。

病名をここに書くのは初めてですが・・・

『子宮筋腫、子宮腺筋症』を克服し、4年前から

『卵巣境界悪性腫瘍(低悪性度卵巣腫瘍)』という病気と仲良く付き合っております。


定期的に卵巣に溜まった水を麻酔なしで30cm程度の針を刺し、水を抜いています。

もちろんブロガー歴の長い私・・・

採取した水を撮るに決まっているでしょ(笑)

先生も「撮った?綺麗に撮れた?」なんて聞いてくるものだから笑っちゃいます。

レモン色の濁りの全くない水です。体液ってヤツでしょうか。

80ccも溜まっているのだから、激痛に襲われるのも仕方がないかって感じです。

私の体液が見たいというマニアック方。

メールフォームから連絡頂ければ、画像を添付させて頂きますよ(*´艸)( 艸`*)





長くなりましたが、最後におバカなお話を一つ。

0501-2

さざれ石です。

今は、ほとんど歌う機会がなくなった君が代。(たまにはカラオケでいかが?)

君が代は 千代に八千代に
 
 さざれ石のいわおとなりて 苔のむすまで


私は、小学生の頃

「八千代に刺され」だと思っていました(爆)

そう、八千代さんという人が誰かを刺した歌だと思っていました(〃>艸<〃)

「さざれ石」というのを知ったのは…実は最近だったりします(;´▽`A``

いやぁ~知らないって恐ろしいですね。



ホワイトバランスを間違えて、こんな写真が撮れていました。

0501-6

ちょっち幻想的でイイでしょ(^ー^* )フフ♪




にほんブログ村 写真ブログ 初心者カメラマンへ
ランキング参加中です。  お馬鹿な管理人ですがよろしく(*^ω^*)ノ*:..     
更新、頑張ってまっす。励ましの一押しをっ!




2013.05.15 
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。