上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
6月9日 日曜日 

今週も車に乗って天竜浜名湖鉄道へ

おっさんライダーを遠江一宮駅へ降ろし、私一人で天浜線周辺の神社仏閣巡りを

してきます。



小國神社

静岡県周智郡森町一宮3956-1
0538-89-7302
天竜浜名湖鉄道「遠江一宮駅」より送迎マイクロバス(日曜日及び指定日運行)にて
約10分です。



9時前だったので、人が少なく駐車場も空いていました。

0609-1

周囲は杉の大木。
参道を歩いていると、とてもすがすがしい気持ちになります。
でも2月から4月上旬までは、近寄れない場所です。
だって私はスギ花粉症だから~ヾ(´∀`*)ノァハハハハハハハハハハ



小國神社の御祭神は「大己貴命(おおなむちのみこと)」です。
一般には「大国様」 の名前で親しまれており、「因幡の白うさぎ」で赤裸のうさぎを
助けられた神話が有名ですよね。

大国様


参道を歩いていくと、左側に事待池

0609-2

神社に祈願して、事のままにじっと待ち、願いが叶ったらお礼に池に鯉を放つ事から
「ことまちのいけ」と言うそうです。
池の水を「いぼ」に付けると「いぼ」がとれるというので「いぼとり池」とも言のだとか。

シミとかシワも取れるといいのに^^;



さらに歩いていくと、正面に拝殿が見えました。

0609-3

小国神社は、徳川家康をはじめ、多くの武将の信仰を受けてきた歴史ある神社です。
島根県にある出雲大社とも縁が深く、それはこの神社の名前にもあらわれています。
かつて出雲大社を「大国」と称していた時代がありました。
ご祭神も同じである出雲大社を敬う美称から「小国神社」とされたようです。



おみくじ

こんなに並んでいたら、素通りできないでしょ。
もちろん引いてみましたよ。



0609-30

そう…私には人に言えない悩みが…(悩みは吐き出しちゃうけど)
焦らず、騒がずかぁ…よく分かっているなぁ私の事。
もがいたり、あがいたりしちゃうのよねぇ。

おこないをつつしむ!?
あちゃーって感じですよね。
「つつしむ」って何?って感じの人間ですから私。
肝に命じます。



0609-4

徳川家康が戦さの道すがら、ここへ参拝した折に石に座って思案して立ち上がり、
天下を取ったと伝えられている石であることから、人生再起のご利益があると言われる。

大きさが手ごろで、柵もされていないし…
こんな時に誰かと一緒だと「ちょっと座ってみよ~っと」って事が出来そうだけど
一人だと流石のこの私でも、恥ずかしくて座れなかった。



0609-5

杜のシンボルであった大杉は昭和47年に台風で倒れ、現在は境内隅に巨大な根株が保存されて
いるようです。
この杉は「大杉」と呼ばれ、樹齢は既に千年余りと言い伝えられている貴重な御神木の1つです。



0609-6

老木のため、中が空洞になっていて年輪の確認が出来なかったが、縁の年輪を数えただけでも
優に500年を数えたという。
古老より願掛杉又は福寿杉とも虫封杉とも伝われ洞穴に散錬して心願を祈っています。
しめ縄の間に、たくさんのお賽銭が入っていました。



調べながら現在ブログを書いていますが、見落としていた所がたくさんあります。
いつも調べてから現地へ出向かないので、こんな事になってしまうのですが
近いうちに改めて小國神社へ行くと思います。
初めて行った時とは、また違う想いで参道を歩くのでしょうね。
楽しみです。



次は、森の石松のお墓で有名な「大洞院」です。




にほんブログ村 写真ブログ 初心者カメラマンへ
ランキング参加中です。  天浜線の近くには神社仏閣が多い!!
励ましの一押しをっ!


2013.06.21 
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。