上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
今日は特に予定がありません。
妹家族が、やってくるので朝の5時すぎから掃除や食事の準備をしています。
妹家族は…昨日も来ているのに…というか近所なので頻繁に会っているのですが(笑)

本来なら、Wに乗りたいのですけどこの猛暑では厳しいですわ^^;




--------------------     





熟女二人珍道中!!パートⅡ(写真がヒドイわねぇ)

「川の中に観音様があるんだよ!見に行く?」

私の中のイメージは、小さな川の中に観音様が下半身だけ水に浸かっている状態。

そういえば、TVでそんなのを見たことがあったっけ。



実際行ってみると、全く違っていました。

「小山観音」、「子授け観音」と呼ばれているこの観音堂は、普段は訪れる人も少ないそうで、

岐阜県美濃加茂市の飛騨川の中の岩島にあるのです。



こちらに観音さまが奉られたのには

あの源氏一族の木曾義仲が関わっています。



平安の末期、木曽義仲がこの地で病死した母親の若菜御前の菩提を供養するために訪れ、
大波の中を小船で中の島に渡ろうとした折に、水の中から馬頭観音を背にした龍神が現れて
波を鎮めたことに大いに喜んだ義仲が建てたとの言い伝えが残っている。
 


現在、小山の観音は蚕の本尊としてだけではなく、無病息災、道中安全のほか、
上蜂屋に住んだおしま御前がこの小山観音に祈願して授かった子が
仁済禅師となって出世したことにより子授けの本尊としても人々の深い信仰を集めています。



元々は陸続きだったのですが、下流の木曽川に今渡ダムが完成したことで

周りが水没し、今の状態になってしまったそうです。

koyama-2



川の中にある島へは、昭和13年に「かんのん橋」が作られ左岸から渡ることが

出来るようになりました。

koyama-1




koyama-3


本堂の前には、人々にさすられ続けて今ではすっかりお顔の分からなくなった

「なで薬師」がありました。(ピンボケで余計に分からない)

友人と二人、呪文を覚えて唱えていたのですがその呪文もすっかり忘れてしまいました。

koyama-4



やぶ蚊が多くて、車の中で悶絶する熟女。

人が全くいないお寺は、ちょっと苦手です。




にほんブログ村 写真ブログ 初心者カメラマンへ
ランキング参加中です。
読み終わりましたら、是非ぽちっと押してくださいませ( ^ω^)σ




2013.08.14 
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。