上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
長期の休みの時は、必ず途中でメールチェックに会社へ訪れるのですが
今回は、社内の大規模電気工事のため出社しませんでした。
今朝、メールの受信をすると・・・(´・ω・`)あぁ・・・溜息です。
遊び疲れなのか、久しぶりの仕事のせいなのか、ものすごく疲れました。




--------------------     




8月10日(土)  夏季休暇1日目

おっさんライダーが、どうしても行ってみたかったという近江鉄道へやってきました。

陽の高いうちの撮影は、熱中症になるといけないのでまずは彦根駅近くにある

「近江鉄道資料館」を見学。

0810-16

入館料の200円

1ケ月に一度程度しか開いていないので、開館日を調べてから行ってくださいね。



希望する人は切符を切ることができます。

0810-11

今回は受付のお姉さんにお願いをすることに。

0810-2



天浜線、長良川鉄道などローカル線の資料館を拝見してきましたが古い貴重な物を

このように保存され手軽に見せて頂けることに感謝です。

0810-3



0810-4


0810-5

滋賀県下で最古の私鉄の近江鉄道。

合併や親会社の変遷などあったが、社名や社紋は会社設立時から一切変更されていない。





0810-6


0810-7


0810-8


0810-9



外には、古い車輌が何台も置かれています。

0810-14


0810-17

ED14型
全4両が国鉄から近江鉄道入りし、そのすべてが現在近江鉄道ミュージアムに
保存されています。
1号、2号、3号が並んでいます。



0810-15

ED14型(大正15年 米国製)

中に入る事も出来ますが、とても狭い。


0810-18

近江鉄道の車庫、本線。

左側に少し見えるのは、JR東海道本線です。



資料館入り口近くにあった

0810-13

「辛苦是経営」

近江鉄道は、用地買収費が計画を上回り資金難となったため当初の経営陣は退陣し、
沿線に自宅をもつ近江商人が経営が任された。
資金は銀行借り入れに頼ったが、経営の中心に居た小林吟右衛門は銀行借り入れに対して
連帯保証をつけて経営に当たり、後に銀行借入を完済したが、その直後に死亡。
唯一、経営陣に残っていた西村捨三は資金難の苦しさを「辛苦是経営」という石碑に残して
辞任。明治41年に死亡。

資料館入口に石碑があります。



駐車場から入ってすぐの所にお稲荷さんが奉ってありました。

0810-1



とにかく暑いので、彦根駅前の平和堂アル・プラザ内の喫茶店で休憩。

6階には、N・HOゲージのとても大きなレイアウトがありました。

数百円で色んなタイプの物を運転させてくれるのですが、今回はおとなしく見るだけ(笑)

0810-12

ライブリースペース 和「なごみ」
滋賀県彦根市大東町2-28 アル・プラザ彦根店6F
0749-27-7234





途中、「佐和山遊園」という気になる建物があったのですが・・・かなり怪しげ。

新興宗教の施設かと思ったら、B級観光スポットで有名らしい場所らしいです。

今度、チャレンジしてみたいと思います。







0810-10

今回のお土産♪





にほんブログ村 写真ブログ 初心者カメラマンへ
ランキング参加中です。
励ましの一押しをお願いします!!( ^ω^)σ




2013.08.19 
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。