上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
ブラックあり・・・微糖あり・・・

さまざまな缶コーヒー


コーヒー



既にお分かりだと思いますが、缶コーヒーが飲みたいのではなく

2缶に1個付いてくる、チョロQ目当てで大人買いしました。

チョロQ



(o ̄∀ ̄)ノ”ぁぃ

セナ・プロ世代です。

もちろんアイルトン・セナの大ファン。

F1を知らずとも、セナの名前は皆、知っていましたよね。
(笑っていいともにも出演したし・・・)

5-1



トールマン時代のもあったのですが、買いませんでした。


’85~’87 ロータス時代

1987年 ロータス99T ホンダ
最強エンジン、新技術搭載マシン

中嶋悟とチームメイトだったんですよね。
「雨のセナ」と言われたのも、この頃から。
念願のホンダエンジンを手に入れて、開発途中のアクティブサスを
実戦に使用したんでしたっけ。


’88~’93 マクラーレン時代

1988年 マクラーレンMP4/4 ホンダ
圧倒的な強さで手にした初王者

走ればプロストと1、2フィニッシュ。
マクラーレン勢が圧勝していましたね。



1989年 マクラーレンMP4/5 ホンダ
セナ・プロ対決の象徴マシン

初めてのカーナンバー「1」
プロストとの間に決定的な溝が入った年でしたね。
チャンピオン争いが持ち込まれた日本GPで両者が接触して
プロストがリタイヤ。
セナがエスケープゾーンを抜けて走り、優勝するも失格処分を
されたという何とも後味の悪いレースだったわ。



1990年 マクラーレンMP4/5B ホンダ
因縁の鈴鹿対決タイトル奪還

2度目のチャンピオンを日本GPで決めるが、前年度にプロストと
接触した同じ場所で、セナが故意に接触してリタイアした。
あっという間のレースで、ガッカリしたっけ。


1991年、ブラジルGPで念願の母国初優勝!!
ギアボックストラブルにより、終盤に6速のみでの走行を余儀なく
された中での勝利でした。
無線から流れるセナの歓喜の泣き叫ぶ声を聞き、私も一緒に
涙しましたよ。



’94 ウィリアムズ時代

1994年 ウィリアムズFW16 ルノー
セナ最後のフォーミュラーカー

第3戦サンマリノGPは、予選から事故が多発。
ラッツェンバーガーが死亡。たしか婚約者がいたんじゃなかったかな?
決勝の日・・・5月1日。
スターティンググリッドで、無表情で水を一口飲むセナ。
レースを闘う前の顔じゃなかったよね。

超高速・左タンブレロコーナーで、時速312kmで走行中にマシン
コントロールを失い、そのまま直進コースアウトし、コンクリートウォールに
激突。
セナが駆るマシン・FW16は大破したが、一瞬動いたようにも見えたけど。

「セナが死ぬわけない」
TVに映し出される処置の様子。

セント・マジョーレ病院に搬送されたセナ。
現地時間午後6時3分には脳死状態に陥り、事故発生から約4時間後の
午後6時40分に死亡しました。享年34。

-合掌-


5-2



1989年 初めてカーナンバー「1」
アイルトンセナ


最後に鈴鹿へ行ったのは、シューマッハが引退の時。

ジル・ヴィルヌーブの息子のジャックが好きだったけれど

今何処・・・

年末のF1総集編は必ず永久保存版にしていたけれど、ここ数年は

それもしていない。

今はドライバーの名前さえ分からない状態です(笑)



体調が悪くて、スカパーで予選を見ていたけれど

昨日優勝したベッテルって誰?(爆)

おまけにポールトゥウィンって!?

そんなに強いドライバー&チームなんですの?

レッドブル・ルノーってチーム知らない。

あの闘牛みたいなマークって阪急ブレーブス?(古っ)





でも鈴鹿サーキット、キレイになっていたなぁ。

またレースの写真撮りたいわ。


にほんブログ村 バイクブログへ にほんブログ村 バイクブログ カワサキへ
  ↑古いレースのビデオを久しぶりに見ようかな。


2009.10.05 
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。