上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- 
目で見ている物と、撮影した物が同じように撮れなくて、何度も設定を変えて

チャレンジしてみましたが難しいですねぇ。

h-6
photo by sachi



h-7
photo by ossanrider



同じ物を、この様にして撮ると、色んな事が分かってきますね。

あーやっぱり私はマダマダだわ。

私は、和紙の枠が作品の台に映り込んでいるのを何とか綺麗に撮りたい一心。

おっさんライダーは、光と闇との空間のバランスが良くてセンスの良し悪し…

経験値の違いが、たった一枚ではっきりと表れてしまいました。





たくさんの作品の中で、私が魅かれたのはチェロを模ったこの作品。

夢中で撮影していると、作者の方から声をかけてくださって少しの間、立ち話。

お名前は「ひらくさん」で、今回初めて出展されたそうです。

タイトルは「夜音(yoin)」

h-1
photo by sachi


h-9
photo by ossanrider



側面は写真では分かりにくいかもしれませんが、鍵盤になっています。

h-2



顎当ての部分は、花にしてこだわって作られたとのこと。

h-5

この蝶々は、電灯を消すと光が残る加工が施されているそうです。



和紙で模造されたチェロの音の余韻と、光の余韻ということですよね。

来年もぜひ、楽器の作品を作ってくださいとずーずーしく、お願いしてしまいました。

ずーずーしいついでに、記念撮影まで(笑)

h-3


h-4


h-8


ちゃんと、ご本人の了解を得ています!!

記事のアップが遅くなってすみませんでした。

これからも素晴らしい作品を生み出してください。





ブログランキング・にほんブログ村へ
2014.10.21 
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。